痩せすぎ女性は脂肪がつきにくい体質かも!酵素やサプリでデブエット

痩せすぎで悩んでいる女性の多くは太りたいと思いながらも回りになかなか相談できずに一人で悩みを抱えている事だと思います。
周りの友達はみんな痩せたいとかもっと細くなりたいとかで悩んでいる中で私だけ痩せすぎが悩みなんて言えない。。。
そんな悩みをここでは解消していきます。
痩せすぎで太れないのにはちゃんと理由があります。しっかりと原因をつかんで女性らしい体型を手に入れましょう!

痩せすぎ女性の太れない原因

痩せすぎの女性には太れない原因があります。しかし、その原因はひとつとは限りません。
太れないパターンとしては2パターンありそのパターンによって太り方が変わるので、ここでは現状のあなたの状況を確認してみましょう。

パターン1-食べているのに太れない女性-

食欲もあって毎日健常の成人女性と同じだけかそれ以上に食べているのに太れないパターンの方です。
このパターンの方は食べたものを体内でしっかりと吸収できないことが多く見られ、そのため食べても食べても太れないという状況にあります。また、このパターンの方の特殊な状況として摂取カロリーよりも消費カロリーの消費が大きいということも原因のひとつに上げられます。
このパターンに当てはまる人の太り方は、体内のホルモンバランスに乱れが生じている可能性と脂肪細胞の未発達が可能性として挙げられます。その為、ホルモンバランスを整えたり食べたものの消化・吸収を助けることによって健康的に女性らしい体を目指すことができます。

パターン2-食べれなくて太れない女性-

太りたいのに食べれない。とても辛いことですよね。
太りたいと思って誰かに相談をすると「食べてないんだから太れないんだよ」と出来なくて困っている無理難題を押し付けられて相談も終わってしまうことも多いはずです。
このパターンの方は食べたもののカロリー吸収や栄養吸収する力が未発達のため、食べたものの本来の栄養素やカロリーを摂取できていない可能性があります。なので、カロリー補給と栄養吸収の手助けをしてあげることで健康的な女性らしい体を目指すことが出来るのです。

太れない理由別の太る方法

先に紹介したパターンのうち、あなたの太れない状況はどちらに当てはまりますか?
どちらも太りたくても太れない女性にとって深刻な悩みです。そんな悩み別に解決方法を紹介していきます。

食べているのに太れないならバストアップサプリがおすすめ!

ご飯は食べれるのに太れない方は体内のエストロゲンの分泌量が少ないことが原因のひとつに挙げられます。エストロゲンは女性ホルモンの一種で女性らしい体を作り上げるためのホルモンです。
このホルモンが正常に分泌されていると、旨のふくらみやおしりの肉付きがよくなり、体が全体的に丸みを帯びた女性らしい体になっていくはずなのです。
食べても太れないという原因にはエストロゲンの量が足りないという要因が隠されているかもしれません。
※エストロゲンの分泌量が増えると体内の脂肪細胞が活発に働くため、女性が本来持っている皮下脂肪を溜めやすいという体の特徴を復活させる効果が期待できます。

エストロゲンの量を増やすためにおすすめのバストアップサプリ

エストロゲンを増やすためのバストアップサプリは何でも良いというわけではありません。バストアップ効果がしっかりと得られているバストアップサプリを選ぶ必要があります。現在ではさまざまなバストアップサプリが販売されていますが、特に実績の高いバストアップサプリを厳選してみました。

食べれなくて太れない女性は栄養の吸収率を高める酵素がおすすめ!

栄養の吸収率が悪く、頑張って食べてもお腹を下して逆に痩せてしまうと言う方には酵素がおすすめ。酵素には消化酵素と代謝酵素の2種類があり、それぞれの酵素は体内に存在しています。しかし、食べれずに太れない女性は体内の消化酵素の量が少なく、消化にとてもエネルギーを使ってしまっている可能性があります。そのため、食べても太れないし体に負担がかかってしまうから食べることが出来ない可能性があるのです。

消化を助ける栄養吸収率をアップさせる酵素はこれ!

酵素には酵素飲料とサプリの2種類があります。酵素飲料はダイエットに用いられることが多いのですが、実はデブエットに使うことも可能なんです。使い方さえしっかりとすれば効果的に太ることが可能です。ここでは太るために使いたいおすすめの酵素サプリと酵素ドリンクを紹介します。

胃腸が弱いと食べた物を吸収できない!消化を助ける酵素で太る!

痩せすぎで悩んでいた体験談
私は20歳代はウエストは73cmで体重は53kgでした。
身長は172cmありました。
これは身長に期して痩せすぎですね。
ほとんど学生時代と変わらなかったですね。

どうして太らないかと悩みましたね。
痩せることに対する療法等は大分出ていました。
太るようになる療法は皆無でした。

そこで原因を分析しました。
それによるとやはり食が細かったです。
また胃腸も弱い方でした。
すぐに下痢になることも多かったです。

その後勤めるようになり、同僚と食事に行きました。
会社の食堂では、男性はどんぶりメシで大盛りです。
しかし私は大盛りは食べられませんでしたね。
それに下戸だったのです。
飲んでもコップ1杯です。
それ以上飲むと気持ちが悪くなってしまうのです。
母親も奈良漬で酔っぱらってしまいます。
これは遺伝なのだろうと思いました。

そこで少しはお酒も飲まねばと思い、養命酒を買ってきました。
これを食前酒として飲んでいました。
養命酒は胃腸にも効くと言う触れ込みでした。
そのご勤めるようになって、それまで食べていなかった、料理も食べるようになりました。

その後25歳で結婚するようになりました。
そのころから徐々に体重が増えるようになりました。
やはり食生活が影響していると思っています。
カミさんに感謝しています。

 

体調を崩しやすく悩んでいました
一時期ストレスや多忙からか急激に痩せてしまいました。体力が落ち、体調を崩しやすくなってしまったため、そのことに悩んでいました。

その頃は悩んではいても、まだ若いから大丈夫だろうと自分の健康をしっかりと考えていなかったので、短絡的に、「とにかくカロリーを増やせば大丈夫」と考えていました。
しかし、自分の胃が弱いことや少食であること等から継続できず、効果はありませんでした。
そしてしばらくすると、より体力が落ち、座っておくのも辛い日がでてきました。結局ストレスが根本の原因だったようです。

さすがにこれはまずいと思い、ストレスの原因から可能な限り離れることにしました。そして、毎日一汁四菜以上を目安に量は少なくても栄養よく食事をとり、栄養バランスや体調・運動量を毎日ノートに記録することにしました。
すると、まだ1年も経っていませんが体重も平均的なほどに増え、ふらふらとするようなことも減りました。

完全に悩みが解決したわけではありませんが、現状、成果がきちんとでていると思えるので今は前向きに考えられるようになっています。

太りたい人の太る方法