精神的にショックなことがあり激やせ。食べる量を増やして必死に太りました

以前、精神的にショックなことがあり、食べる量も減って一気に痩せてしまいました。
身長165㎝ 38kgです。
痩せると着られる洋服が増える・・・なんて大間違い。逆に今までちょうど良いと思っていた服装ができなくなり、痩せすぎてサイズが合う服がなくなり見た目にもみっともない。
しかも、髪の毛はギスギスしてストレートパーマもトリートメントも全く利かない状態。
体調がさらに悪化しておなかを壊すようになり、体重はさらに減りました。35kgまでに。
病院にかかりおかゆなど体に負担がかからないものから徐々に食べるようにと勧められました。
しかし体重が一気に減ってしまったことにより生理不順に。
これではいけないと思い、ショックな出来事から自分で立ち直っていかなくてはならないと思いました。
気分転換に幼いころからやっていたバレーボールを少し始めて、筋肉を増やし、食べる量を増やしていきました。
少しずつですが体重が戻って、見た目にもみすぼらしさがなくなっていきました。(まわりの人の話で)
体調が回復をして、周囲の人と明るくコミュニケーションをとれるようになりました。

 

 

私が20代前半の時のことですが、身長150センチに対して体重が37キロという病的な身体でした。元々痩せ型だったにもかかわらず、精神的に辛い時期がありそれから食欲がなくなり体重が激減してしまいました。体重が減ったことにより、身体の不調が目立つようになりました。生理も不順になってしまいましたし、おしゃれをしても痩せすぎていて気持ち悪いと言われることもありました。この状態では悪化する一方だと思っておりましたが、自分ではなかなか前を向くことが出来ず主治医、家族や当時付き合っていた彼の助けを借りながら食生活を見直したり、楽しみを見つけること笑うことから始めていきました。これだけ痩せていたので本当に少しずつ食事の量を増やしていました。私の場合正常な体重に戻るまで約一年くらい要しましたが、無事に解決した時は健康であるということの大切さを十分に感じました。また物事に取り組む際の意欲などが出てきて毎日の生活がイキイキしてきたように感じます。健康な身体でいられること、それは本当に有り難いことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です