三食をきちんと食べて、健康的な生活をすることで太れました

痩せすぎで悩んでいたことは、すぐに立ちくらみがしたり、自律神経が乱れてしまうことでした。

痩せすぎていた時期、私はとても不規則な生活をしていました。
ご飯を食べる時間よりも、慢性的な睡眠不足から1時間でも長く眠っていたかったので、
あまりご飯を食べずにいたところ、体重は40Kgを切ってしまいました。
標準体重は50Kg台でないといけない身長なので、40Kgを切ったあとはどんどん体に不調が現れるようになりました。
半年以上も生理が止まりました。今にも折れそうな細い脚に自分でも気持ち悪いと感じるほどでした。
家族には丸顔とひょろひょろとした体のバランスがおかしいから、マッチ棒みたいと言われたりしました。

しばらくして、やはり、これではいけないと思い、三食をきちんと食べるようにしました。
もともと小食で慢性胃炎もあり、一度にたくさんは食べられないので、間食をするようにし、食事の回数を増やしました。
お菓子ではなく、果物やサラダ、サンドイッチのような軽食を食べて、栄養を摂るようにしました。
慢性的な睡眠不足は徹夜などで昼夜逆転生活をしていた影響だったので、
朝起きて、夜寝るという暮らしに戻すようにしました。

こうして、三食や間食できちんと食べて、睡眠も規則正しくすることで体重が徐々に増えてきました。
いつもだらだら過ごしていた日中も元気に過ごすことができています。
痩せすぎていた頃よりも、色々な事に積極的になれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です