食べる量を増やすの、つらくないですか?太る為の食事にちょっと一工夫

太る為には普段の食生活を見直すことが大切です。偏食や間違った知識の食生活では体重を増やそうと思ってもなかなかうまく太ることはできません。太る為の正しい食事について勉強をしていきましょう。

太る為には今の食生活を理解すること

太る為の食事のことを考えたとき、まず大切なことはあなたの今の食生活をしっかりと理解することが大切です。

今のあなたの食生活はどんな食べ物が中心の食生活ですか?

好き嫌いが多い?
食べる量が少ない?
栄養バランスに偏りはない?

バランスよく栄養を摂れるよう工夫している方もいると思いますが、食事に含まれる栄養素は調理方法や食材の保管期間・保管方法によって異なります。

例えば野菜を食べているといってもコンビニやスーパーで販売されているカット野菜やみじん切りのキャベツを食べているようなら要注意。
本来の野菜が持っている栄養素の半分以下になっている可能性もあるのです。

調理方法や食べる野菜によって太れるかどうかが変わることもあります。
まずはあなたの食生活でどの程度栄養が取れているのかを理解し、普段の食事をどのように改善したら太る為に効果が出るのかを考えましょう。

太る為の食事って?

お相撲さんの体型って太る才能があったからと言われますよね。確かに太る為には先天的な才能を有していないといけない場合もあります。しかし、太れずに悩んでいる方のの太れない原因の多くは後天的な要因が元になっていることが多くあります。太れる体を食生活の改善で作っていくことで太ることは可能です。

太る為に必要な食事は、体を構築する栄養素をバランスよく摂ること。太りたいと思っているあなたは普段からカロリーの多いお菓子や高カロリーの脂質ばかりとっていたりしませんか?太る為にバランスの良い食事を摂ることは必要不可欠な要因です。間違った食事は太るどころか体を衰えさせてしまいますので、偏食や高カロリーのものを集中的に摂る食生活はすぐにやめてください。

太る為に必要なのは、体を作る為に必要な栄養素をバランスよく過不足なくとること。あなたは普段の食事でどれだけ栄養バランスを気にしていますか?
野菜は食べていますか?
肉・魚は食べていますか?
炭水化物は食べていますか?
太る為には健康的な食生活が欠かせません。今一度あなたの食生活を見直してみてください。

太る為に見直す食生活

太る為に食生活を見直すなら、まずはどんな栄養素がどんな食材に含まれているのかを確認しましょう。
食事の基本として押さえておきたいのは
ビタミン類
食物繊維
たんぱく質
ミネラル
脂質
炭水化物
の6つ。
ビタミン類は野菜を食べれば補給できますよね。また、フルーツなどを食べることでも補給することができます。
食物繊維も野菜から採ることができますが、できれば胃腸に負担をかけない水溶性食物繊維を含んだきのこ類、海藻類、納豆やオクラなどを食べるのがおすすめです。
たんぱく質には動物性たんぱく質と植物性たんぱく質がありますね。
動物性たんぱく質を摂ろうと思ったら魚や肉を食べるのが手っ取りばやく、さらには魚と肉には資質も含まれるので動物性たんぱく質を摂ると一石二鳥の栄養補給ができます。
ミネラルは野菜や肉、魚にも含まれていますが、お米にも含まれているので、バランスの良い食事を心がけるだけで十分事足りるでしょう。塩分過多の時にはカリウムを豊富に含むキュウリやバナナなどを食べるのがおすすめです。
炭水化物はできればお米が理想的です。ビタミン・ミネラル・食物繊維を含んだお米はバランスの良い食事には欠かせません。

すごく簡単に紹介しましたが、これだけでもちゃんと気にして食事をするだけで栄養素が取れることがわかりますね。
ただ、気を付けたいのはビタミン類の補給です。ビタミンは過熱によって溶け出し、口にするときにはもともとあったビタミンの半分にも満たない量になってしまっている可能性があります。野菜ジュースなどは過熱処理をされていますので、できれば生野菜かフルーツでビタミンを摂ったほうが良いといえます。

生野菜の摂りすぎには要注意!

生野菜から摂れる栄養素はすごく豊富で、生野菜はどちらかというと食べたほうが良い食べ物です。しかし、食べすぎはよくありません。
栄養素が豊富だからと言って食べすぎると体温が下がり、体が冷えてしまいます。その結果、胃腸の調子を崩したり、冷えを発症させたりといいことがありません。適度に生野菜を食べることは望ましいことですが、生野菜を食べるときには量に気を付けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です